ボディメイクをもっと楽しむための情報を掲載!記事は【毎日更新】されます!!

筋肉がつかない人の特徴をまとめてみた【超ありがちな10の理由】

『毎日トレしてるのにデカくならない』

『扱う重量は伸びてるのになぜ

『遺伝で痩せ型だからかな?』

 

このように、筋肉が肥大せずに悩む人ってめちゃくちゃ多いですよね。

そもそもいきなり劇的に変化するものでもないのですが、それでも不安になったりします。

 

果たして自分のやり方は合っているのか?

 

僕も自問自答を繰り返す毎日です。

そこで今回は、

 

・なぜ筋肉がつかない?
・筋肉をつけるにはどうすれば?

・自分は筋トレ向いてない?

 

このような悩みや疑問を解決する記事となっております。

 

筋肉がつかない本当の理由

筋トレのやり過ぎ

『デカくならないなもっとやるか!!』

 

はい、日本人に非常に多いと思われる原因がこちら。

生真面目な日本人は、デカくならない原因は人よりもトレが足りていないからだという思考に陥りやすいです。

その結果、筋肉が回復する前に毎日のようにトレを重ね、むしろ分解の方が進行してしまうんですね。

回復前にトレしてもパフォーマンスが上がらないばかりか、怪我にもつながります。

僕も完全にこの思考で、オーバートレーニングになってしまっていました。

トレを減らす勇気はとても大切です。

HAGEKIN
デカくならない時にトレを減らすのってマジで勇気がいるんだよな俺はいまだにオーバートレーニングだわ。笑

 

筋トレが足りていない

逆に、そもそも筋トレの量が足りていない場合もあります

例えば大胸筋を育てたいとして、週に1回、ベンチプレスだけを103セットやるだけでは遅いです。

肥大させたいのであれば、週に2回は同部位を鍛えたほうが効率的です。

1しか時間が取れないのであれば、コンパウンド種目とアイソレーション種目を取り入れ、2-4種目でガッツリ追い込まないと難しいと思われます。

HAGEKIN
簡単にデカくなるなら、日本はマッチョだらけのはずだもんな!

 

筋トレ時間が長すぎる

筋トレの効果が感じられない場合、種目やセットを増やす人がたくさんいます。

頑張って2時間も3時間もトレーニングしている人も多いですよね

しかし、それが逆効果になる場合があります

トレの最中にも、筋肉は合成と分解を繰り返しています。

トレ時間が1時間を超えてくると、コルチゾールと呼ばれる筋分解ホルモンが多く分泌されてきます

筋トレをすればするほど分解されてしまっては元も子もないです。

出来る限り1時間前後に抑える努力をしましょう

HAGEKIN
俺は毎日3時間トレしてもなかなかデカくならなかった!勇気を出して種目の断捨離をするのも有効だな!

 

関連記事

結論からお話しすると、種目ごとにインターバルは2-5分に設定するのが、最も現実的かつ効果ありです。   『インターバルは1分が最も成長ホルモン出るぞ?』 『1分じゃ回復しない、次セットのパフォーマンスが落ちるから最低3-5分[…]

筋トレの質が低い

筋トレしていてデカくならない人は、筋トレの内容・質が原因の可能性もあります

対象筋に効いていなかったり、レップ毎に負荷が抜けていたりする方は見直しが必要です。

そして、1-2回しか上がらない重量でセットを組んでいたり、逆に20-30回も出来てしまう重量だと肥大にはあまり効果がありません。(筋力や筋持久力は向上しますが)

筋肥大には正しい重量に設定(6-12回で限界がくる重さ)することが大切です。

HAGEKIN
適切な重量、セット数でトレの組み立てを考えような!

 

重量にこだわりすぎている

これ、過去の自分に言いたいです。

筋トレを始めた頃は特に、早く重量を伸ばしたくて仕方がありませんでした。

確かに、重量を伸ばしていくのが効果的なのは間違いありません。

しかし、正しいフォームで対象の筋肉にしっかり負荷が乗っているのが前提です。

重量を伸ばすために自然と効率的な身体の使い方を覚えてしまったり、反動を使ってしまったりしては本末転倒です

HAGEKIN
自分が扱える重量を誤ると他の部位の力を使ってしまったり、怪我の原因にもなるぞ!

 

栄養が足りていない

いくらハードに筋トレをしていても、筋肉を作る材料が無ければ大きくはなりません

トレーニーは体重×2-3gのたんぱく質が必要と言われています

それだけでなく、糖質をしっかり摂ることでインスリンが分泌され、筋合成を促します。

流行りの糖質制限などで糖質をカットすると、筋肉のグリコーゲンが枯渇し、常に筋肉が消耗したままとなり、トレのパフォーマンスも上がりません

脂質も当然エネルギーになります。

HAGEKIN
筋肥大の前提は、消費カロリーを摂取カロリーが上回ることだ!減量中に肥大しないのはつまりそういうことだ!

 

睡眠が足りていない

『筋トレしてるし栄養補給もバッチリ、なのにデカくならない!』

 

このような方は、睡眠が足りていない可能性があります

筋肉が修復され、肥大するのはほとんどが睡眠中と言われています。

成長ホルモンが活発化する夜22夜中の3時の間に床につくのが理想です。

忙しい現代人には難しいかもしれませんが、7-9時間の睡眠を取るように心がけましょう

HAGEKIN
寝ないとマジでデカくならないからな!睡眠は軽視されすぎ!

 

関連記事

『ボディメイクには運動、栄養、睡眠が大事です。』   このように言われていますよね。 僕も含め、週5以上でトレーニングをし、たんぱく質や糖質などを気にしている人は多いかと思います。 サプリメントによる細かな栄養補助も当たり[…]

心のどこかで諦めている

『俺にはあんな高重量とか無理だわ

『マッチョな人たちは特別なんでしょ』

『もうおっさんだから筋肉つきづらいわ』

 

このように、限界を決めてしまっていませんか?

自身で無理と判断した時点で、それは本当に無理になってしまいます

毎日が忙しい40-50代でも精力的に運動し、バキバキのマッチョを維持している人って沢山いますよね。

限界など、とことん追求し、やれることを全てやってから初めて口にするものです。

まあそこまでやったら身体が変わらないことも無さそうですが

HAGEKIN
自分はまだまだデカくなれる!自己暗示やイメトレが重要なのはそういうことだ!

 

すぐにムキムキになると思っている

『筋トレして筋肉がつきすぎちゃうのが嫌だ!』

 

これって割と良く聞きませんか?

世間では、1ヶ月やそこらでムキムキになると思っている人がまだまだ多いみたいです。

見た目が変化するレベルに達するには最低でも3-6ヶ月は継続して取り組まないといけません。

筋トレしてるけどデカくならないと感じている方は、もしかしたらしっかりと肥大しているのに見えていないだけかもしれません

HAGEKIN
筋肉は1日にしてならずだ!

 

遺伝のせいにしている

『俺は家族全員が痩せてるし、外胚葉型だから筋肉つかないわ

 

このように、遺伝のせいだと言って諦めている人がいます

確かに、筋肉の速筋(肥大する)、遅筋(肥大しない)の割合は人によって違い、遺伝的要素であります。

プロのボディビルダーやフィジーカーを目指すには努力だけでなく、生まれ持った才能が必要だとも思います。

しかし、正しい方法で筋トレをし、栄養も睡眠も充分であれば、必ず筋肥大は起こります

一般的な細〜ゴリマッチョには誰でもなれるポテンシャルはあるんです。

遺伝など、何かのせいにしてしまった時点で道は閉ざされてしまいます

HAGEKIN
まずは信じて3ヶ月頑張ってみよう!必ず変化は起きるはずだ!

 

胚葉とは?

アメリカの医学・心理学者のW.H.シェルドンによると、人の体型は生まれながらに3つのタイプに分かれるそう。
それによって筋肉のつきやすさが決まっているとのことです。

・外胚葉型体脂肪や筋肉がつきにくく、細身で華奢、弱々しい印象。
・中胚葉型体脂肪がつきにくく、筋肉がつきやすいタイプで、筋肉質でがっしりとした印象。
・内胚葉型体脂肪も筋肉もつきやすく、丸みを帯びたぽっちゃりタイプが多い。

あくまで統計ではありますが、あながち間違いでは無いと感じます。
自身の手首を握った際に、親指と中指が楽に重なる【外胚葉型】、親指と中指がくっつく【中胚葉型】、親指と中指がつかない【内胚葉型】と診断できます。

筋肉をデカくするには?

結論、筋肉がつかない原因を排除することです。

 

『当たり前じゃねーかぃ!!』

 

このような声が聞こえてきそうですが、本当に答えはシンプルです。

まとめると、

 

・適切な頻度(出来れば同部位を週2回)
・適切な回数(6-12回で限界の重さ)
・栄養はしっかり(バランスの良い食事)
・睡眠は7-9時間(22-3時の間は寝よう)
・何かのせいにしない(自分を信じよう)

 

これを3-6ヶ月も厳守していれば、デカくならないってことはあまりないかなと思います。

このどれか1つでも欠けてしまうと、筋肥大の効果が極端に落ちてしまうんですね。

HAGEKIN
もちろん筋トレの質を高めて、徐々に負荷も上げないとだけどな!

 

まとめ

自分が筋肥大しない原因を突き詰めることで、デカくなるためにはどうすれば良いかが明確になります

長々と書き連ねてきましたが、ぶっちゃけ単純に運動、栄養、睡眠のどれかが欠けてるだけの人が多いと思います。笑

僕は圧倒的に睡眠が足りていませんでしたね。

この記事が筋肥大を目指す方の参考になれば幸いです。