ボディメイクをもっと楽しむための情報を掲載!記事は【毎日更新】されます!!

筋トレのやり方に正解は存在しない【自分だけの成功法則を見つける】

当メディアでは、ボディメイクを成功させるコツは継続することに重点を置くことお伝えしてきました。

今回は少し角度を変え、成功する人としない人に分かれるのはなぜか?という疑問を深掘りしたいと思います。

もちろん継続できなければ身体が変わるはずはないのですが、継続できている人の中にも大きな差が出る理由はなぜなのか?

そこには才能以外の様々な理由が考えられます。

結論、『自分自身を知ること』が大切です。

 

筋肉がつかない人の特徴

以前の記事で、筋肉がつかない人の特徴についてお話ししました。

ボディメイク全般に言えることですが、やりすぎ、やらなすぎ、質が悪い、栄養や睡眠不足、諦めなどが考えられます。

自分で言うのもおこがましいですが、割と的を射ていると思います。

しかし、これって半分正解ですが、半分は誤りなんですよね。

世の中には、この特徴に当てはまる人でも身体が劇的に変わる人がいます。

適当にトレーニングしていても、偏食でも寝てなくても、変わる人は変わるものです。

センスや才能といってしまえばそれまでですが、僕は違う部分もあると思っています。

 

ボディメイクにおける正解とは?

もう少し深掘りしていきます。

身体が変わらない人の特徴として、自分自身の軸がブレブレなことが多いです。

この情報過多の時代、Google先生やSNSあるいは動画などを見ればいくらでも良さげなやり方は出てきます

筋トレ(胸トレ)を例に出すと、

 

・ベンチプレスだけやれば良い
・ダンベルフライが最も肥大する
POF法が効果的らしい
・ディップスは下部以外にも効く
・ケーブルで締めるのが最良
FST-7を取り入れると良いかも
・ダンベルの方が収縮できる
・バーベルはサムアラウンドグリップ
・インクラインの角度は3045
・山◯先生オススメのアレやろう

 

ぱっと思いついただけでもこれくらい出てきました。

筋トレ経験のある方なら一度は聞いたことがあるものばかりだと思います。

ぶっちゃけ、どれを取り入れても、組み合わせても、大胸筋って大きくなると思います。

しかし、どれも正解であり、どれも不正解ともいえます。

もしかしたらインクラインベンチの角度が60度以上の方が大胸筋上部に効く人もいるかもしれません。

バーベルをサムレスグリップで握る方が効くかもしれません。

筋トレにおける正解って、あるようでないんですね。

その人にとって正解だとしても、自身に置き換えると不正解ということが往々にしてあります。

なぜなら身長と体重、筋肉や腱、骨格などが全く同じ人間は世界に1人もいないからです。

成功しているプロ野球選手だって、皆バッティングフォームや投げ方は違いますよね?

バットを素振りして感覚をつかむ人もいれば、そうでない人もいます。

これはどの分野でも一緒です。

結論、自身で試してみて、効果を感じるならそれが正解です。

ノウハウコレクターのままではいつまで経っても身体は変えられません。

この事実に辿り着いてからがスタートといえます。

HAGEKIN
正解は自分の中にしかないってことだな!

 

成功する人の共通点

ありがたいことに、今ではSNSなどを通じてボディメイクを互いに頑張る仲間が増えてきました。

そして、毎日のように怪物のようなデカい人達を見ていてある結論に至りました。

それは、

 

デカい人は自分のことを知り尽くしている

 

これです。

長年に渡る試行錯誤の末に、自身に合った種目、関節の可動域、食生活や休み方(サボり方も?)を理解しているのでしょう。

このような人達は柔軟に人の意見を取り入れようとはしますが、芯の部分はブレません。

アドバイスを受けたらそれを試してみて、自分に合わないと思えば即捨てることが出来る人達です。

なので、今後も成長し続けるのだと思います。

総じて言えることは、自分自身の成功パターンを見つけられた人達ということです。

 

成功法則の見つけ方

『じゃあどうすれば成功できるのや!それが分からないから色々と試すんだよ!』

 

こうなりますよね。

結論、成功者の真似をすることが1番の近道です。

仕事も勉強もボディメイクも、まずは出来ている人の模倣をするのは定番であり、最短で目標に辿りつく方法です。

ただし、一度コレと決めたら最低23ヶ月は続けることが大事す。

失敗する人の共通点として、すぐに成果が出ないからといって色んな『正解』に手を出してしまいます。

正解=手段ともなり、手段にこだわっている内はボディメイクの成功はなかなか難しいす。

12週間やそこらで効果があるのか、自分に合っているかなんて分かりません。

そして、効果が無いと判断したらそのやり方は合っていなかった(正確に模倣できていない可能性もありますが)ということでバッサリと捨てましょう。

遠回りなようで実はこれ以外に方法はありません。

初心者も上級者も常にこの繰り返しだと思います。

それでようやく、自分の成功パターンが見つかります。

HAGEKIN
隣の芝生は青く見える!もっと良い方法があるのでは?と思ったらキリがないぞ!

 

まとめ

成功しない人は、自分のことを知らなすぎるということですね。

人それぞれ成功パターンは異なり、全く同じ人など存在しません。

この前提を間違えると、最終的にはアレコレ(◯◯だけダイエット!や怪しいHMBとか)と手を出して失敗することになります。

試してみるのはアリですが、それが自分に合うのか合わないのかを判断することがとても重要いえます。

今回の話をまとめると、

 

・他人の正解は自分の正解ではない
・自分に合わないものを捨てる勇気を
・コレと決めたら2-3ヶ月は継続
・自分だけの成功法則を見つける
・継続できていることが大前提

 

このようになりました。

長々と話してしまいましたが、結論、自分自身の軸をブラさないようにすることが成功のカギということです。

ぶっちゃけ、デカい人や専門家たちが言うことなんてほとんどが正解です(笑)

それなりに効果が出たから広めてるんだと思います。

しかし、1番大切なのは、それが自分にとって正解かどうかを判断することです。

継続できているだけでも素晴らしいことだと思いますが、せっかくなら身体を変えたいですよね。

今回の話がボディメイクを頑張る人の参考になれば幸いです。

 

関連記事

当メディアでは、ボディメイクは継続することが最も大事とお伝えしてきました。 継続をする為の様々な考え方や、テクニックもたびたび記事にしています。 しかし、   『一時的にやる気は出るんだけど、やはり波がある…』 &nbs[…]