ボディメイクをもっと楽しむための情報を掲載!記事は【毎日更新】されます!!

筋トレ中に聴くべき洋楽50選・前編【音楽マニアの管理人が厳選】

僕の趣味はLIVEや夏フェスに行くことです。

前回の記事で、ジムで音楽を聴くメリット(デメリットも)をお話ししました。

結論、音楽はトレーニングを楽しく続ける為のツールとしては最高だと思います。

今回は、

 

・何を聴いたら良いか分からない
・音楽のレパートリーを増やしたい
・テンション上がる曲を知りたい

 

などなど、このような悩みをお持ちの方に、管理人が厳選した曲を一部ではありますが紹介していきます。

まずは音楽が好きなら1度は聴くべき洋楽の名曲を揃えましたので、是非ともお付き合いください。(前編・後編に分かれてます)

→後編はこちら

 個人の趣味が多分に含まれます

トレーニング中に聴くべき洋楽50選【前編】

JadedAerosmith

まずはアメリカの大御所ロックバンド、エアロスミス1曲。

この曲を聴くと身体の芯から沸々と力がみなぎってきます。

 

Coffee Shop SoundtrackAll Time Low

日本ではあまり馴染みがない?オールタイムロウの爽快感あふれるナンバー。

思わず首を縦に振ってしまいます。

 

I Bet You Look Good On The DancefloorArctic Monkeys

こちらはもはやイギリスの大御所バンドになりつつある、アークティック・モンキーズのロックナンバー。

史上最年少で日本の大型フェスであるサマーソニックの大トリを務めたことでも知られます。

いや、風格が凄いです。

 

The NightsAvicii

2018年に突然亡くなったスウェーデンの超人気DJであるアヴィーチーの定番曲。

誰もが一度は聴いたことがあるはずです。

間奏のリズムがクセになります。

 

Pump ItBlack Eyed Peas

アメリカのヒップホップグループ、ブラックアイドピーズのテンションアゲアゲな楽曲。

マジでパンプします関係ない

 

It’s My LifeBon Jovi

こちらはボンジョヴィの定番ロックナンバー。

なかやまきんに君がボディビル大会で使用している曲としても知られていますね。

ザ・王道ロックという感じでカッコ良いです。

 

Call Me MaybeCarly Rae Jepsen

続いてはカナダ出身のシンガー、カーリー・レイ・ジェプセンのポップナンバー。

日本にも熱烈なファンが多いですね。

色んな所がパンプしてきます。←

 

Without MeEminem

ヒップホップ界の帝王、エミネムの定番曲。

PVはおふざけしちゃってますが、テンションが上がること間違いなしです。

 

Going UnderEvanescence

エヴァネッセンスの特徴はなんといってもボーカルのエイミーの破壊力バツグンの声。

彼女の声にはいつもパワーをもらってます。

 

I Don’t CareFall Out Boy

日本にもたびたび来日している、フォールアウトボーイのロックナンバー。

トレ中のやる気を出させてくれそうなノリです。

 

Because We CanFatboy Slim

M-1グランプリ決勝の入場テーマにもなっています。

とにかくノリノリで、これを聴いて気持ちが沈むことはありえません。

 

The PretenderFoo Fighters

フーファイターズは、ニルヴァーナの元ドラマー、デイヴ・グロールがボーカルを務めるバンド。

曲調が変わってからの爆発がたまらないです。

 

Do You Want ToFranz Ferdinand

フランツフェルディナンドの思わず口ずさみたくなるこのナンバー。

とにかくノレます。

というか聴いたことある人が多いかも?

 

FlatheadThe Fratellis

フラテリスは日本では2006  2009年くらいまで旋風を巻き起こしました。

この曲は日本ではiPodCM曲としても使われ、その中毒性から覚えてる人も多いのではないでしょうか。

 

American IdiotGreen Day

アメリカのポップパンク代表、グリーンデイの最強ナンバー。

他に有名な曲は多くありますが、僕がトレ中に聴くならコレかなと。

アガりますよ。

 

Out Of ControlHoobastank

はい、めちゃくちゃに暴れたくなります。笑

フーバスタンクは激しめの曲も多いので、運動にはもってこいです。

これ聴けば普段よりもう5レップくらいは上がっちゃいそうです。大げさ

 

Going UndergroundThe Jam

今ではイギリスの大御所となった、ポールウェラーのバンド時代の楽曲。

スマートにカッコいいです。

 

99 ProblemsJay-Z

やはりヒップホップはトレ中に聴くとアガりますね。

ジェイ・Zの曲の中でも1番パワーが貰えそうなナンバー。

 

My Life Would Suck Without YouKelly Clarkson

最近あまり見ませんが、音楽界に確実な爪痕を残したであろう女性シンガーであるケリー・クラークソンのポップナンバー。

疾走感がたまりません。

 

iKendrick Lamar

やはりヒップホップはトレ中に聴くとアガりますね。←2回目

僕はエミネムとのコラボ曲で知ったんですが、いつのまにかヒップホップ界を牽引する存在になってましたね。

ケンドリック・ラマーの名曲の1つです。

 

TelephoneLady GaGa

こちらはビヨンセとのコラボ曲。

PVも秀逸です。

レディーガガは他にもテンション上がる曲がいくつもありますが、今回はテレフォンで。

 

Given UpLINKIN PARK

紹介する中で最も破壊力がある楽曲です。

110%以上の力が出せそうな気がしてきます。

もうリンキンパークをライブで観れないなんて信じられません

 

Prisoner Of SocietyThe Living End

こちらはオーストラリアのロカビリーバンド、リヴィングエンドの超人気ナンバー

ベースがブリブリ(聴けば分かります)で身体に響きます。

トレ中にはピッタリ。

 

Party Rock AnthemLMFAO

LMFAOはアメリカのエレクトロポップデュオ。

この曲は全米No.1を獲得した超ノリノリなナンバー

トレが楽しくなります。

 

Can’t Hold UsMacklemore & Ryan Lewis

こちらはトヨタのCMでも使われていたので、口ずさんだ方も多いかもしれません。

彼らの曲はとにかく気持ちが上がるものが多く、トレ中に聴くには適しているといえます。

 

筋トレ中のイヤホンはコレ!

SoundPEATS Q35Pro Bluetoothイヤホン AAC & APT-Xコーデック対応 高音質・低遅延 10MMドライバー採用 8時間連続再生 IPX6防水 ハンズフリー通話 CVC6.0 ノイズキャンセリング スポーツ [メーカー1年保証]
SoundPEATS(サウンドピーツ)

ランニングなどならまだしも、ウェイトトレーニングをやるのであれば、ワイヤレスであることは第一条件です。

おススメは上記のイヤホン。

ワイヤレス、安価、防水・防滴、音が良いなど、僕が考えるトレ用のイヤホンの条件をバランス良く満たしています

僕はイヤホンには多少のこだわりがありまして、詳しくは別記事にしようと思いますが、とにかく上記のイヤホンは超おススメです。

というか低価格ワイヤレスイヤホン界では超有名な商品なので、既に持っている人も多いかもですが。笑

HAGEKIN
イヤホンはこだわるとキリが無いから、どこで妥協するかだよな!

 

関連記事

結論、運動中のイヤホン選びには出来る限りこだわりましょう。 音楽を聴く理由として、運動中のテンションを上げたり、集中力を上げるのが目的のはずです。 自分に合っていないイヤホンでストレスになってしまっては本末転倒です。 そこで今回は、 […]

まとめ

今回は他メディアと違い、個人的な趣味が滲み出る選曲となりましたが、どれも知る人ぞ知る曲ばかりです。

偏見などは1度捨て、素直な気持ちで聴いてみることをおススメします。聴いてほしいだけ(笑)

しかし、最近では家トレでもイヤホン必須になってます。

音楽は本当にパワーをくれますね。

トレのマンネリ化を防いだり、継続する為のツールとして是非とも活用しちゃいましょう。

 

関連記事

当メディアでは、ボディメイクは継続することに重点を置くことが大切と伝えてきました。 結論、トレーニングを楽しく継続するためのツールとして音楽を活用するのは超アリです。   国内外を問わず、ヘッドホンやイヤホンをしながら運動す[…]