ボディメイクをもっと楽しむための情報を掲載!記事は【毎日更新】されます!!

筋トレが続かない人に教えたい金言【何もしない時間は無駄じゃない】

筋トレなどのボディメイクはまず継続することが大切ですよね。

それは自重でも、宅トレでも良いし、ジムに通っても良いのです。

誰に言われることもなく、自身が楽しみながら継続できる方法を選択するのがベストです。

しかし、継続を邪魔する様々な感情によって、ボディメイクを断念する方をたくさん見てきました。

今回は、継続を少しだけ楽にする考え方について解説していきます。

 

筋トレが続かない理由

筋トレが続かない理由は人それぞれです。

 

・時間を取れない
・めんどくさくなった
・他の娯楽に目がくらむ
・単純につらい
・成果が見えない
・飽きた
・楽しくない

 

パッと思いついただけでもこれくらい出てきました。

気づいた点として、筋トレが楽しくなれば他の理由って消し飛ぶのではないか?と思いました。

楽しければ時間を作るし、他に目がくらむこともなければ飽きることもありません。

楽しめない理由として、義務感が生じてしまうことが1つの要因す。

筋トレしなければという思いがあると、筋トレしない日に罪悪感を感じるようになってしまいます。

真面目な方ほど、何かの拍子で筋トレできなかった日があると、

 

『あぁ、俺ってダメだなぁ

 

という感情になりやすいです。

日本人は完璧主義な方が多いらしく、予定が崩れると一気に投げ出してしまう傾向にあるようです。

順調に筋トレを継続していたのに、例えば23日休んでしまったらもう断念してしまうんですね。

これはあなたの心の中に、何もしてない自分=ダメなやつというのが根底にあるからなんです。

これ、正に僕もそうでしたが、やらなければという義務感から来てた気がします。

仕事でもないのに、おかしな話ですよね。

 

完璧を目指すと失敗する

はい、完璧を目指すと失敗します。

完璧を目指すと、上手くいかなくなった時にやる気が一気に失せてしまいます。

完璧ってキリがないのです。

例えば、週に3回はトレーニングすると決めたとします。

それが急な予定などで1回しかトレーニング出来なかった場合、『あー、もうやってらんねぇ、やめよ』となりがちです。(経験談)

完璧主義をやめなければ、継続って難しいです。

筋トレが続かない理由って、計画どおりにいかなかった自分が嫌になって辞めてしまうパターンも多い気がします。

それを解決するには、計画どおりにいかなかった日を受け入れるマインドが必要になってきます。

 

何もしない時間は無駄じゃない

結論、何もしない時間ってとても大切なのです。

全く無駄じゃないんです。

先日、このような記事を読みました。

 

>>米津玄師と大泉洋のスペシャル対談

 

どちらも大好きな2人なのですが、その中のやりとりで、

 

米津『計画的にものをつくるのが苦手で。ずーっと何日もひたすら曲をつくってて、飽きたら1週間ぐらい何もしないみたいな。ずっとそんな繰り返しで、デッドラインが近づいていよいよマジでヤバイってなると、よく分からない力がぐわっと出て、ものすごくいいものができるという。』

大泉『これね、僕とつくり方似てますよ(笑)。何もしない時間が無駄じゃないんですよね。

米津『そう、無駄じゃないんです。

大泉『結局1週間でつくったとしても、その前に何カ月間かうだうだしてる時間がないとできないんですよね。』

米津『部屋の掃除とかしたりして。』

大泉『分かる!僕も劇団に舞台の脚本を書いたりしてたけど、書けないんですよ。とにかく書けない。でね、「ちょっとヒントがあるかもしれない」って1回テレビつけたりして。「何かに出合うかもしれない」とか言いながらね。そんなふうだから、何も考えなくていいときって、すごくハッピーじゃないですか?』

米津『ハッピー。本当にハッピーです。』

 

これを見て救われた気分になったというか、心から共感することが出来ました。

何もしない時間=悪ではなく、何かを成し遂げる為にはそれも必要なんだなと。

この考えを知れただけでも、ポジティブな気持ちになってきませんか?

僕はこのマインドのおかげで、

 

『疲れたら休めば良い、出来ない日があって良い、やりたくなったらまたやれば良い』

 

こんな柔軟な考えをするようになりました。(それまでは休むのが怖くて週7で筋トレしてました)

身体を成長させるなら休んだ方が効果的なのは明白なのにもかかわらず、踏み切れないんですよね

まあ僕の場合は楽しいからやめられないのもありますが(笑)

今後はなんだか休めそうです。

この考え方は筋トレだけでなく、仕事や勉強にも通ずる考え方だなと思いました。

HAGEKIN
かといって何もしない期間が数ヶ月も続いてしまうと、ほんとに何もしてないだけになるけどな!

 

まとめ

『何もしない時間も大切』

 

この言葉に甘えすぎるのも良くないですが、救われる方も多いのではないでしょうか?

事実、僕は少しだけ救われました。

少なくとも、何も出来なかった自分に罪悪感を感じ、それを理由に継続を断念してしまうことは無くなる気がします。

ついゲームや漫画、YouTubeなどにハマって筋トレ出来なかったとしても、それが次の日の筋トレの活力になっているんです。

こうして楽な気持ちで続けていけば、筋トレはそのうち習慣となり、更に楽に継続が可能となります。

今回は、とても勉強になったお話を紹介しました。

 

>米津玄師と大泉洋のスペシャル対談はこちら

 

関連記事

運動は継続が大事だと何度もお伝えしてきました。 しかし、1ヶ月、2ヶ月と経つにつれ、誰もが一度は壁にぶち当たります。   『あれ、なんでトレーニングしてるんだっけ…』   このような感情になることもあるかと思い[…]