ボディメイクをもっと楽しむための情報を掲載!記事は【毎日更新】されます!!

ディッピングベルトでトレの停滞を打破せよ【自重トレの向こう側へ】

結論、ディッピングベルトを上手に使いこなすことで、トレーニングのレベルは1ランクアップします。

僕はこんなに便利なものがあると知らず、リュックにプレートを入れたりもしました。

しかし、15kgを超えたあたりから危険です。笑(モノにもよりますが

筋トレに慣れは厳禁です。

色々な手を使って負荷を上げ続けなければ、いつか肥大は頭打ちします

その点、安価で簡単に高負荷をかけることが出来るディッピングベルトは、誰でも取り入れやすいおススメのアイテムといえます。

そこで今回は、

 

・筋肥大が停滞している
・自重では物足りなくなってきた

・効果やおススメ商品を知りたい

 

などなど、このようなトレーニーの悩みを解決する記事となっております。

 

ディッピングベルトとは?

ディッピングベルトとは、プレートなどの重りをぶら下げる鎖がついた、腰巻きのベルトのことです。

基本的には、自重で物足りなくなってきた中〜上級者向けのアイテムといえます。

重量を上げていくことで筋肉への負荷を増大させ、筋肥大を促進させます

HAGEKIN
もっと早く知ってれば、リュックが伸びたりしなかったのに!!

 

ディッピングベルトで加重するメリットとは?

筋肥大を促進させる

トレーニングに慣れが発生すると、途端に筋肥大が停滞します

漸進性負荷の法則を適用させる為には、重量を上げる、回数を増やす、インターバルを短くする、またはスロートレーニングなどがあります。

ディッピングベルトはこの重量を上げるというのに当てはまります

その結果、停滞を打破しやすくなるということですね。

HAGEKIN
重さを上げていくのは1番分かりやすく手っ取り早いからな

 

漸進性負荷の法則とは?

筋肉は、徐々に負荷を上げていくことで大きくなっていきます。
筋肥大において慣れは天敵です。
身体は早ければ1セット行っただけで慣れてしまうといいます。
常にその慣れ以上の過負荷を与えることが、トレーニングの大原則です。

例)重量、回数、インターバル、動作速度などで負荷を強めていく

成長が分かりやすい

これはバーベルやダンベルトレーニングにもいえますが、

 

10kg103セットが楽に出来るようになった!次は15kgだ!』

 

などというように、非常に分かりやすく、段階的に成長を感じることが出来ます

HAGEKIN
成長が目に見えて分かると継続しやすくなるよな!

 

ディッピングベルトはどの種目に使える?

チンニング

チンニング(懸垂)は、背中の広がりを作る代表的なトレーニングです。

自身の体重にも寄りますが、まずは2-5kg加重から始めてみましょう。

加重することで、ネガティブチンニング台を使ったりジャンプしてバーまで身体を引き上げ、耐えながら身体をゆっくり下ろしていく)でも大きな効果が見込めます。

HAGEKIN
俺は20kgを超えたあたりから肩が悲鳴を上げる!徐々に徐々に上げていこうな!

 

関連記事

懸垂は中学校や高校などで一度は試みたことがある方は多いと思います。 ただ、ボディメイクにおける懸垂は少し違います。 極意は背中で身体を持ち上げることで、この感覚を掴むには練習が必要です。 初めは一回も出来ない人も多いでしょう。 しか[…]

ディップス

こちらは大胸筋下部を刺激し、綺麗な輪郭を作る上で欠かせない胸トレの1

慣れれば大胸筋全てを刺激することも可能です。

上半身を前傾して動作すると大胸筋、地面に対して垂直に動作をすると上腕三頭筋に負荷がかかります。

こちらも約5kg加重から始めてみましょう。

HAGEKIN
加重ディップスは強烈な効果を実感出来るが、身体を深く下ろしすぎると肩や肘の怪我につながるから注意だ!

 

【参考動画

関連記事

分厚く、形のはっきりした大胸筋って憧れですよね。 胸を鍛える種目にはベンチプレスやダンベルフライなどがありますが、このディップスを好んで行うトレーニーも多いです。 かのボディビル界のレジェンド、アーノルドシュワルツェネッガーは、あのとん[…]

カーフレイズ

こちらは2の心臓と呼ばれるふくらはぎを鍛える種目です。

バーベルだとバランスを取るのが難しく、ダンベルだと握力が先にヘバったりします。

ディッピングベルトだとそのどちらも解決しながら負荷を上げることが出来ます

HAGEKIN
ディッピングベルト便利すぎだよな!

 

関連記事

ガリガリ君 ふくらはぎって鍛える意味あんの?そんな重要じゃないと思ってたんだけど!   上記の悩みを解決します、 結論、ふくらはぎを鍛えることで、他のトレ全般のパフォーマンスも向上します。 &[…]

ディッピングベルトのおススメ商品は?

BODYMAKER(ボディメイカー)製

値段が高くなるにつれ、耐荷重が大きくなったり、腰部分を保護するパッドがついていたりします。

しかし、数種類のベルトを試しましたが、僕はこの革製の割に安価なボディメイカーのベルトが最もコスパが良いと感じました。

耐荷重50kgまでいけます。(そこまで加重する人は中々いません。笑)

とにかく安くて頑丈な物をお探しの方は、こちらが圧倒的におススメです。

 

Schiek(シーク)製

60kgを超えるような加重を目的とする上級者にはこちらがおススメです。

Schiek社はリストラップなどのトレーニングアイテムで非常に有名です。

値段が少しお高めなのもあり、さすがに作りは頑丈です。

腰部分にジェルパッドが採用されており、痛みを緩和してくれます。

 

まとめ:ディッピングベルトで停滞を打破しよう

ディッピングベルトは、簡単にトレーニングの負荷を上げ、筋肥大を促進させるには非常に有効なアイテムだということが分かりました。

まとめると、

 

・もっと筋肥大させたい
・自重に慣れてしまった

・簡単に負荷を上げたい

 

こんな人にはとてもおススメです。

もちろん、自重で正しくコントロール出来ることが前提のアイテムです。

初心者がいきなり使用するのは避けた方が無難かと思われます。(普通に怪我します)

しかし、筋肥大が停滞して悩んでいる方にはもってこいの商品です。

安価なモノもありますし、トレーニーなら1本持っておいて損はないかもしれません。