ボディメイクをもっと楽しむための情報を掲載!記事は【毎日更新】されます!!

マルトデキストリンの効果を徹底解説【デカくなりたきゃ炭水化物】

筋トレを習慣としている人ならば、たんぱく質の摂取が重要だということはご存知でしょう。

しかし、筋肥大させたいならばたんぱく質と同じくらい重要なのが炭水化物です。

近年の糖質制限ブームもあり、炭水化物=太る、悪というイメージが定着してしまっていますね。

その一方で、やはり炭水化物を摂らないと身体はデカくなりません。

筋トレに効果的といわれる様々なサプリメントが出回っていますが、炭水化物はプロテインなどと並び最重要と位置づけられています。

いくつか摂取方法がありますが、おススメはマルトデキストリンとして摂取すること。

そこで今回は、

 

・マルトデキストリンとは?
・マルトデキストリンの効果は?
・マルトデキストリンの摂取量とタイミングは?

 

などなど、このような疑問を解決する記事となっております。

そもそも炭水化物とは?

マルトデキストリンを理解するには、まず炭水化物とは何かを知らなければなりません。

炭水化物とは、たんぱく質、脂質と並ぶ三大栄養素であり、糖質+食物繊維の総称のことです。

生物には必要不可欠な物質であり、代謝や骨格の形成において重要な役割を果たします。

主に白米、パン、パスタなど、植物由来の食品に含まれています。(炭水化物は植物の光合成によって作られます)

炭水化物はたんぱく質や脂質に比べると素早くエネルギーに変換されます。

体内には血液中のブドウ糖、肝臓や筋肉内のグリコーゲンとして存在しています。

エネルギーとして使われるのは脂質と糖質ですが、糖質を摂ることで優先的にエネルギーとして使われます。

その結果、脂質が使われることが少なくなり、脂肪として蓄積されていきます。

これが糖質を摂りすぎると太るというメカニズムです。

HAGEKIN
糖質が中性脂肪として合成されるのはわずかだ!まあ結果的に摂りすぎると太るんだが!

 

マルトデキストリンとは?

マルトデキストリンとは、デンプンを酵素分解した糖質(多糖)の一種です。

糖質の中で吸収、代謝の効率が最も良いのはブドウ糖(グルコース)ですが、甘みが強く、浸透圧性の下痢を引き起こす場合もあります。

その点、ブドウ糖をいくつか繋げたマルトデキストリンは、同様の効果が得られる上にほのかな甘みなので摂取しやすいのが特です。

マルトデキストリンは非常に吸収が早く、すぐにエネルギーに変換されます。

HAGEKIN
ブドウ糖として大量に摂るのはやめた方が良さそうだな!

 

マルトデキストリンの効果

トレーニングのパフォーマンス向上

トレーニング中のエネルギー源である糖質が枯渇すると、瞬発力が弱まったり、思うように力が入らなくなってきます。

GIのマルトデキストリンをトレ前やトレ中の飲料に混ぜて摂取することで血糖値を保ち、最高のパフォーマンスを発揮し続けることが出来ます。

HAGEKIN
エネルギーが足りないと、いわゆる「クソトレ」になりがちだ!

 

筋たんぱく合成の促進

糖質を摂取して血糖値が上がると、膵臓からインスリンが分泌されます。

インスリンには血糖値を下げる働きはもちろん、筋たんぱくの合成を促進する効果もあります。

注意点として、インスリンは糖やたんぱく質を細胞レベルまで行き渡らせる働きもありますが、同時に脂肪も取り込んでしまいます。

過剰な摂取には気をつけましょう。

 

筋分解の抑制

筋肉は常に合成と分解を繰り返しており、合成が上回ることで、筋肉はデカくなっていきます。

合成よりも分解の方が優先されやすいとされ、トレーニングを始めてすぐにそれは始まります。

人体は糖エネルギーが足りなくなると、筋肉を分解してエネルギーにしようとします。(糖新生)

糖質を常に蓄えておくことで、筋肉が分解されるのを防ぐことが出来ます。

 

マルトデキストリンの摂取量とタイミング

基本的にはトレ中のBCAAEAA5070g(体重×1g目安)混ぜて少しずつ飲むのがおススメです。

ちなみに、BCAAEAAと混ぜる場合、3040gのカーボで十分といった研究結果もあります。

トレ後は筋肉にグリコーゲンとして蓄えられやすい状態なので、プロテインに同量を混ぜて飲むことで次回のトレーニング時に枯渇しない状態を保ちやすくなります。

更なるバルクアップを目的とするならば、朝のプロテインにも混ぜて摂っても良いです。

 

おススメのマルトデキストリン

粉飴/H+Bライフサイエンス

(H+Bライフサイエンス)H+B 粉飴 顆粒タイプ 1kg(お買い得3個セット)
MP

マルトデキストリンとして圧倒的におススメなのが粉飴シリーズす。

何といってもコスパと品質が素晴らしく、多くのアスリートやトレーニーが愛飲しています。

より効果が高いとされるクラスターデキストリンやカーボリンはとにかく高いですし、僕は粉飴で充分に効果を感じています。

 

関連記事

前回の記事でトレーニング中、後の糖質補給はとても重要とお伝えしました。 筋肉をデカくしたり、エネルギーを確保するためにはたんぱく質だけでは効果は薄いのです。 糖質の補給源にはいくつか選択肢があるのですが、今回はその最高峰といわれるクラス[…]

Carbo Gain/Now Foods

Now Foods, スポーツ向け、カーボ・ゲイン、3629g(8 lbs)

Now Foods, スポーツ向け、カーボ・ゲイン、3629g(8 lbs)

iHerbで購入

こちらは世界最大のサプリメントメーカーであるナウフーズの粉カーボ。

こちらはナトリウムとカルシウムが含まれており、より筋収縮をサポートしてくれます。

容器も壺なので、粉飴(袋)よりも使いやすくなっています。

コスパも良し。

 

100%MALTODEXTRIN/MYPROTEIN

マルトデキストリン - 1kg - ノンフレーバー

マルトデキストリン ワークアウト後のエネルギーチャージに最適

MYPROTEINで購入

最後はみんな大好きマイプロテインの粉カーボ。

5㎏単位で買えるのがとてもありがたいです。

しかもキャンペーンを適用すると5㎏で3,000円を切ってきます。

もちろん高品質には定評があるので、ちまちま買うのが面倒だという方は断然こちらです。

 

マルトデキストリンの注意点

摂りすぎには注意

マルトデキストリンは純粋な炭水化物であり、高カロリーです。

当然、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回ると肥満が加速しますので注意です。

ダイエット中などはその日の食事内容によっても摂取量を変えた方が良さそうです。

 

運動とセットで!

マルトデキストリンとたんぱく質を摂取しているだけでは身体は肥えていくばかりです。

運動してエネルギーを代謝させなければあまり意味はないです。

HAGEKIN
カーボドリンクはあくまでトレーニー向けのものだぞ!

 

まとめ

結論、デカくなりたければカーボもしっかり摂りましょう。

ウェイトトレーニングを効率よく行うには、筋肉や肝臓にどれだけエネルギー(グリコーゲン)を貯めておけるかが重要です。

身体をデカくするならば、炭水化物の摂取は避けて通れません。

マルトデキストリンについてまとめると、

 

・パフォーマンス向上
・筋合成の促進
・筋分解の抑制

 

このようになりました。

筋トレを始めたばかりの頃はたんぱく質ばかりに目がいきがちです

しかし、炭水化物を上手に摂りいれることで筋肥大は加速していきますので、合わせて意識しましょう。