ボディメイクをもっと楽しむための情報を掲載!記事は【毎日更新】されます!!

ビーフプロテインは筋肥大に最適!?【最速でデカくなりたい方へ】

『くそ不味いけど、デカくなるには最適なプロテインがある』

 

先日、友人からこんな噂を聞きました。

プロテインマニアとしては試すしかないと思い(嫌だったけど)、有名メーカーの物を買ってみましたが

確かに不味い。笑

こんなの飲むくらいならホエイでいんじゃね?と思いつつ、せっかくなのでビーフプロテインの紹介をしていきます。

結論、ビーフを選択するメリットは確かにありましたね。

今回は、

 

・ビーフプロテインとは?
・ビーフプロテインのメリットは?
・ビーフプロテインのおススメは?

 

などなど、上記のような疑問を解決する記事となっております。

 

ビーフプロテインとは?

ビーフプロテインとは、その名の通り牛肉から作られたプロテインであり、牛の内臓や食肉に適さない部位(捨ててしまうような部位)から作られています。

日本で製造するメーカーはありませんが、アメリカのハードトレーニーにはごく一般的となってきています。

HAGEKIN
牛肉ってだけで筋肉つきそうな気がする不思議!

 

ビーフプロテインのメリット

吸収スピードが速い

ビーフプロテインは約1時間で体内に吸収されます。

吸収が速いとされるホエイでさえ12時間といわれているので、ビーフプロテインは最速の吸収速度を実現しているといえます。

HAGEKIN
トレ後には最適だな!

 

関連記事

結論からお話しすると、最も多く市場に出回り、その成分の素晴らしさからも、ホエイはプロテイン界の王者といえます。 現代ではカゼインや植物由来のプロテインも随分と普及し、それぞれにメリットもあります。 しかし、ボディメイクに関していえば最も[…]

クレアチンが含まれる

ビーフプロテインは一杯につき3g前後のクレアチンを含みます。

クレアチンは筋トレ界では最も効果的かつ信頼されている成分であり、筋肥大やパフォーマンス向上につながります。

プロテインを12杯以上飲む方であれば、クレアチンサプリを別で買う必要が無くなりますね。

 

脂質・コレステロールが含まれない

毎日プロテインを摂る方が気になるのが脂質と糖質の量。

一般的なプロテインには15gの脂質や糖質が含まれ、塵も積もれば山となります。

ビーフプロテインには脂質(物によっては糖質も)はもちろんコレステロールがほぼ含まれないため、低カロリーな上に健康的といえます。

HAGEKIN
俺のような脂質異常症の人には優しいよな!

 

お腹を下しにくい

市場に最も多く出回るホエイやカゼインには乳糖が含まれます。

日本人は乳糖を消化できない人が多く、飲むと下痢になってしまう人も。

当然ながらビーフプロテインには乳糖は含まれません。

ソイやピーといった植物性プロテインを摂るのもアリですが、今後はビーフプロテインも選択肢の1つとして覚えておくと良いかもしれません。

 

関連記事

『大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするからテストステロン値が下がってマッチョになれなくなるよ?』   これ、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。 テストステロンは男性的な身体を作る上で欠かせないホルモンな[…]

関連記事

あなたはホエイ、カゼイン、ソイに代わる第4のプロテインとされるピープロテインをご存知ですか? 結論、最も身体や環境に優しく、たんぱく質補給の面でも優秀なピープロテインは、充分におススメ出来るものと考えます。 海外ではソイに代わる植物性プ[…]

ビーフプロテインのデメリット

コスパが悪い

ビーフプロテインは牛肉を使っていますから、割と高値です。

市場の一般的なプロテインは約2.2kgで大体6,0007,500円ですが、ビーフはその1.21.4倍の値段です。

しかし、クレアチンを購入している方にとっては別で購入する必要がなくなるので、逆にコスパが良くなることもあります。

 

激しくまずい

ヤバいです、ビーフプロテイン、びっくりするほど不味いです

美味しいとされる有名メーカーのビーフも飲みましたが、しょっぱさ、ドロっと感、後味の生臭さを感じました。

フレーバーによってギリ飲めるかなというくらいで、ホエイに慣れていると度肝ぬかれます(笑)

しかし、そのせいか筋肉つく感はハンパないです。

 

おススメのビーフプロテイン

ビーフプロテインはまだまだ市場が小さく、商品数も少ないです。

その中でも今回は僕が飲んでみた2つの有名商品を紹介していきます。

 

CARNIVORMUSCLEMEDS

ビーフプロテインといえばこちら。

世界初のビーフプロテインアイソレートであり、フレーバーも豊富です。

脂質・糖質は0で低カロリー。

アメリカの超有名ボディビルダーであるカイ・グリーン氏が開発に関わっており、その他プロテインよりも筋量の増加に効果的とおっしゃってます。

僕はチョコレート味を飲みましたが、多少の塩っ気はあれど、まあ飲めるレベルでした。

ビーフプロテインの中では最も美味しいと評判です。

 

【カイ・グリーン参考動画】

HYDROLYZED BEEF PROTEINMYPROTEIN

カルニプロ(加水分解 ビーフプロテイン) - 2500g - チョコレート

カルニプロ(加水分解 ビーフプロテイン)乳成分及び乳糖を含まない高品質プロテイン

MYPROTEINで購入

続いてはみんな大好きマイプロのビーフプロテイン。

僕は実際に買ったわけではなく、友人が飲んでいたものを味見したのですが、中々に強烈でした。笑

後味が生臭くて気持ち悪くなりましたね

その友人は筋肉には最適だからといってガブガブ飲んでましたが、自分にはきついかなと。

2.5㎏が約7,000円とコスパは良いので、気になる方は試してみましょう。

 

こんな人におススメ!

『味なんか関係ない、最も効率的に筋肉をつけたいんだ!』

 

このように、最速で筋肉をつけたいという人には最適といえます。

他のどのプロテインよりもアミノ酸が多く含まれ、アナボリック効果は確かに高そうです。

僕のように中性脂肪やコレステロールが気になる方にもオススメです。

 

まとめ

結論、味とコスパをクリア出来る方には、ホエイよりもアナボリック効果が高いビーフプロテインはおススメ出来ます。

ビーフプロテインについてまとめると、

 

・最速でデカくなるならビーフ
・クレアチン入り!
・激しく不味い

 

このようになりました。

プロテインはボディメイカーにとっては毎日の食事のようなものです。

僕は美味しく楽しみたいのでホエイを選択します(笑)

しかし、怖いもの見たさで飲んでみると新たな世界が開けるかもしれませんw